ブロッコとササキ工芸という仲間 - 旭川視察旅行記2

ブロッコとササキ工芸という仲間

手神の5人に加え、石狩のオーダーソファブランド「bloccoの沼田英司さんと雄三さんも合流して7人に。
デザイナーの山田がブロッコのソファをデザインしている関係で、池谷がブロッコのソファの脚を小田原で作っていて既知の仲。

全員集合してまず訪れたのはササキ工芸さん。
齋藤久夫の豆茶器の台箱を作っていただいています。

実はあの台箱、日本で作れるのはササキ工芸さんだけ。
蝶番がヒンジ以外は全く見えず、しかもバネが入っているため開いても閉まってもそのままの状態を保つ優れものですが、蝶番自体も加工する道具もササキ工芸さん独自のものなのです。

 

ササキ工芸

ササキ工芸の工場を社長の雄二郎さんが案内してくれました。

 

6月に発表した台箱の打ち合わせも兼ねて訪れた工場は、以前とは全く印象の異なるブラックをベースとしたカッコイイ外観に様変わり。
その工場を社長の雄二郎さんが案内してくれました。

小田原と異なり、広大なスペースに大きな設備が整う工場に一同圧倒されます。
手神自体も人の集まりでチームを作っていますが、ブロッコさんやササキ工芸さんのような素晴らしい作り手とも協働していく仲間でありたい、と再認識したひとときでした。

手紙

「ててて商談会 2024.6」が始まりました!
  • 2024年6月12日
「ててて商談会 2024.6」が始まりました!
6月12〜14日「ててて商談会」に出展します。
  • 2024年5月27日
6月12〜14日「ててて商談会」に出展します。
作り手インタビュー・斎藤久夫を公開しました
  • 2024年5月27日
作り手インタビュー・斎藤久夫を公開しました
朝日小学生新聞と朝日中高生新聞でご紹介いただきました
  • 2024年5月23日
朝日小学生新聞と朝日中高生新聞でご紹介いただきました

手神について

手神の作り手のご紹介

作り手の紹介